トップ / 金融機関の仕組みとは

金融の意味は資金の融通

金融とは、資金を融通することを意味します。資金が余っている経済主体から、資金が不足している経済主体へと資金を移すことを指すのです。これを行う機関で、多くの人が利用しているのが銀行です。銀行は間接的に資金を融通しますが、これを直接的に行うのが証券会社です。証券会社は、投資家と企業とを結びつける存在だと言えるでしょう。それ以外にも、市場で積極的に運用を行う経済主体として保険会社があります。特に生命保険は金融機関の中でも大きな資金を運用していて、生命保険が動けば市場が動くとも言われるくらいの資金量があるのです。

金融融資

金融とは何かを考える

金融とは「お金の融通」を略したものです。融通は必要に応じて自在に処理すること、もしくはやりくりすることを意味します。要するに、お金をやりくりすることですので、会社の資金繰りはもちろんですが、家庭での収入と支出のやりくりもまた、金融に含まれることになります。よく考えてみると、病気や事故などの大きな支出に備えて保険に加入したり、高額商品を購入したいが支出が大きくなるので、分割払いにして少しずつ支払ったり、住宅を購入するときには住宅ローンで少しずつ返済する計画をたてるのは、まさにお金のやりくりになります。

消費者金融の情報

© 消費者金融で融資を受ける. All rights reserved.