トップ / 手形をつなぎ資金にする

手形割引を利用するメリット

経営者にとって、一番頭を悩ますのがキャッシュフローだと思います。特に運転資金が十分でない企業にとっては、損益計算書で利益が出ても現金が入らなければ、売上債権だけが増え、商品やサービスを提供するための経費が滞るリスクがあります。そのような問題を解決する方法として手形割引というサービスがあります。手形割引は金融機関または業者が支払期日前の受取手形を買い取ってくれるため、企業にとっては売上債権を減らし、現金を得ることができます。そのため、資金が滞るリスクが軽減され、キャッシュフローの改善にもつながります。

手形割引の新しい救世主とも呼べる電子手形も対応。
保管場所の不安や大変な取立手続からも開放されます。また、必要な分だけ分割できるのも大変便利です。

経営者にとって資金繰りは重要

資金繰りは,指定日に支払いができるように、資金を用意することです。そのために、お金の入出金などの動きを把握し、不足している場合は銀行などから借り入れをして補います。経営者にとって資金繰りは最重要事項であり、これがうまく管理されていない会社は、経営難に陥り倒産することにもなりかねません。そのためにも、1カ月・3か月・半年・1年ごとの資金の動きを捉え、ショートしないようにお金を回していかなければなりません。

消費者金融の情報

© 消費者金融で融資を受ける. All rights reserved.